38-06

マイライフをどんどんと報告していきますブログ:17/6/16

減量中は、
食事に使われている食材に気をつけるべきですが、
味付けも大切なんですよね。

シェイプアップと味付け…
あまりピンとこないかもしれませんが、
意外とあなどれないんですよ!

皆さんは、
濃いめの味付けをしている料理を食べたら、どうなります?

塩辛いので、
ご飯などを大量にくちに入れて、
味覚を正常にしようとしませんか?

ごはんを大量に食べるということは、
糖質の過剰摂取につながります。
これでは、体脂肪を増やしてくれと言っているようなものです。

また、味付けの濃い料理というのは、
塩分が当然のように高めになります。

塩分の高い食べ物をからだの中に取り込むと…
水分を排出することが困難となってくるんですよね。

皆さんは、浸透圧って知ってますよね?
濃度の高い方に水分がどんどん吸収されていくという性質のことです。

塩分の高い食べ物を食べ過ぎると、
からだの中で、浸透圧現象起きてしまうんです。

塩分が高くなった俺たちの身体は、
なかなか水分を出すことができなくなります。

すると、体の中に水分が過剰にたまり、
むくみの原因ともなりえるわけです。

まさに、ダイエットにとって障害ですよね!

ちなみに、
塩分は、1日10g程度が理想的だと言われています。

塩分の低い食べる事でいかに満足するかということについては、
いろいろな方法がありますが…

トウガラシやシソといったものを加えると、
塩分自体は少なくなりますが、
十分に味のパンチ力は維持されるはずです。

また、お酢を使って酸味を利かせるというのも、
味の薄さをカバーする方法として有効!

塩分を上手にカットすることは、
減量の成功につながるみたいですよ!

本八幡 賃貸の詳細
本八幡 賃貸のことなら
https://www.townhousing.co.jp/shop/motoyawata/

サメ軟骨まるごと特集
サメ軟骨おすすめ
http://www.suplinx.com/shop/g/g071-03272/

絵画買取のコツ
絵画買取ならこちら
http://galerie-h.com/index.htm

aws パートナーのこと
aws パートナー
https://cloudpack.jp/info/20130604.html

脂肪吸引ブログナビ
脂肪吸引ブログ
http://ameblo.jp/mco-xoxo/

38-08

マイライフをどんどんと報告していきますブログ:17/4/16

減量で成功した人でも、
「リバウンド」を一度や二度は経験しているかもしれませんね。

わしも、辛い食事制限でダイエットしたのに、
簡単にリバウンドしてしまったという悲しい思い出があります。

では、
一度痩せたからだをずっと保つにはどうしたらいいのでしょうか?

痩せた後も太りにくい肉体を作るには、基礎代謝のアップが必要!
それこそがリバウンドを防ぐ秘訣なのだそうです。

脂肪を落とすだけじゃなく、筋肉をつければ、
基礎代謝を高めることができます。

その筋肉を鍛える体操が、無酸素体操なのです。
筋力トレーニングが知られていますが、
ダンベルトレーニングなどもそうです。

日々少しずつ、
筋肉に負担をかける簡単な体操を続けることが大切!

100メートル走や重量挙げなどは一般の方ではなかなかできませんし、
息をとめるような無酸素体操なので、おすすめではありません。

おすすめのトレーニングは、女性でも手軽にできるような静的体操です。
静的体操とは、走ったり歩いたりして、
身体を激しく動かすものではなく、
からだを固定して行う運動のことです。

押したり引いたりして筋肉の収縮を持続させるタイプのものと、
筋肉を繰り返し使うものの2種類があります。

どちらも筋肉を強くすることに効果的ですので
24時間数回1セットを毎日続けるといいでしょう。

太りにくいからだを作るためには、
肩コリ体操やWiifitなどで
ウエストやうで、足の
筋肉を鍛えることが大切なんですね。

ウォーキングなどの有酸素トレーニングと合わせて、
無酸素トレーニングで筋肉を鍛えることが最も効果的なようですよ!

聖蹟桜ヶ丘 賃貸
聖蹟桜ヶ丘 賃貸の方法
http://www.townhousing.co.jp/shop/seiseki/

シナモンは当サイトへ
シナモンの紹介
http://www.suplinx.com/shop/g/g054-11663/

aws セキュリティ
aws セキュリティのことなら
https://cloudpack.jp/service/option/securitypack.html

andaz tokyoチェック
andaz tokyo
http://restaurants.andaztokyo.jp/en/

38-10

マイライフをどんどんと報告していきますブログ:17/2/16

おいらがスポーツを始めたきっかけは、
高校のクラブ活動のバスケットボールでした。

たまたま、友達の付き添いで見学に行った際に、
背が高いと言う単純な理由で勧誘され、そのまま入部…

とはいえ、
みんな小学校、中学校からの経験者ばかりで、
初心者はミーのみ…

一人メニューから外れて、
基礎練習をすることもしばしばで、
寂しいなーなんて思っていました。

全体的に身長が低いチームだったため、
わたしは早い時期から試合に出してもらうことが多くなってきました。

しかし、
ありえないようなファールを重ねては、毎回退場していました。
試合に出ても、ドリブルはさせてもらえません。

試合に出してもらうたびに、
わしは「ごめんなさい」の連続でした。
試合に勝っても、嬉しいより、終わったと言う安堵ばかりでした。

ある時、
大事な大会に出ていました。
その試合はとても接戦でしたが…

チームのエース的存在である友達が、
その日に限って不調でした。
仲間はミスを重ねる度に、
プレーが小さくなっていくのがわかりました。

いつもは、
周りのことなど見えていないわしでしたが、
その時は助けたいなって思いました。

おいらは、シュートが決まらなかったボールを拾う役割のポジションです。
友達が何度シュートをはずしても、懸命に拾いに行きました。

仲間が安心してシュートできるように…
はずすことを恐れなくていいように…
その時のボクは、いつもよりずっと視野が広く、
いつもよりたくさん活躍することができました。

その時に気づいたのです。
「俺、周りを全然見てなかった」
俺は、ミスを恐れるあまり、ずっと自分ばかり見ていたんですね。

そんな僕が、周りを見た時、
「ごめんなさい」よりも
大切なことを見つけたのだと思います。

秋葉原 賃貸の案内
秋葉原 賃貸おすすめ
https://www.townhousing.co.jp/shop/akihabara/

aws パートナーはここへ
aws パートナーcheck!
https://cloudpack.jp/info/20130604.html

東京 寿司の紹介
東京 寿司
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/jp/the-sushi/

住宅 営業
住宅 営業について
http://saiyo.ichijo.co.jp/c/eigyo/

グルコサミンクリック
グルコサミンの情報
http://www.suplinx.com/shop/e/eglucosam/


関連記事


おすすめ記事